読みにくいけど読んであげたい、オノマトペ絵本・言葉遊び絵本

今、子どもたちに大人気の『えがないえほん』。おやこ絵本ワークショップでもさっそく取り上げました。

「ちゅう ちゅう」「ぶひ ぶひ」など動物の鳴き声から、「ばびろん ばびろん」など何かわからない音、ついには「ぶりぶり~」まで。ナビゲーターがページをめくって、「おバカすぎ」て「めちゃくちゃ」なオノマトペを読むたびに、子どもたちは大笑い!

読む大人は内心困惑ですが、子どもはオノマトペが大好きなんですよね。


そこで、子どもともっと言葉の音で遊べる絵本、探してみました。


1冊目は、『ぽぱーぺぽぴぱっぷ』。「ぱぴぷぺぽ」だけで、出会いから別れまでを表現した究極のオノマトペ絵本です。

『ぽぱーぺぽぴぱっぷ』谷川 俊太郎/作、おかざき けんじろう/絵、クレヨンハウス


はじめはどう読んでいいのか戸惑いますが、文末の「?」や「!」、おかざきけんじろうさんの絵がヒントになって、なんとなく場面とストーリーの想像がついてきます。内容がわかってくると「こう読んだ方がいいかも」とひらめいたりして、何度も読み直したくなります。
聞いている子どもも、知らず知らずのうちに「ぱぷぽぴ ぱぺぽ」と口にしているから、さすが谷川マジック! 赤ちゃんからずっと長く読むにたえる傑作です。 


もう一冊、言葉の音と声に着目すると、アニメ「はなかっぱ」でおなじみのあきやまただしさん作、『へんしんトンネル』があります。 

『へんしんトンネル』あきやまただし/作・絵、金の星社


時計を「とけいとけいとけい…」と繰り返して言うと(今つぶやいてみてください^^)、いつのまにか「けいとけいとけいと…」とひっくり返ります。
言葉が「へんしん」するというしかけに、わがやの5歳男子が食いつき、コミカルで親しみのある絵もあいまって、一時ヘビロテしてました。親のほうも絵本を通して、音と声の世界の不思議さにまで思いを馳せることができます。子ども向けだからとあなどれません。


どちらも、『えがないえほん』を読むのは抵抗がある!というお母さん・お父さんにおすすめです。


(吉野/記)

ことば×からだ☆おやこ絵本ワークショップ

イシス子ども編集学校による親子向け絵本ワークショップ。 絵本づくりワークや言葉遊び、手遊びを通して、ことばとからだをのびのび、いきいき、育てます。 《絵本の読み方が広がる 親子の会話が変わる》

0コメント

  • 1000 / 1000