【レポート】絵本づくりワークショップ『ふえたふえた』

6月3日(日)、おやこ絵本ワークショップを開催しました。

じゅんびうんどう 絵本の読み聞かせ

『まるまるまるのほん』(エルヴェ・テュレ/作、谷川俊太郎/訳、ポプラ社)という“参加型”絵本を取りあげました。
ページをめくるたびに「まる」がふえて、動きだすしかけに、子どもたちは「まる」をこすったり、おしたり、フーッと息を吹きかけたりして大盛り上がり。勢いあまって2回読みました。


『ふえたふえた』おやこ絵本づくりワーク

〈本の素〉は、『ふえたふえた』(またきけいこ/作、福音館書店)


  1. 親子で「ふえたふえた」リレー
    「雨が増えたら、なにがふえる?」「ふえたら、どうなる?」とたずねて、親たちも交えてつなげていきました。連想はまだ難しいけど、みんな一生懸命考えてつなげていました。

  2. 「もじのページ」づくり
    「ふえたふえた、(  )がふえた」の「型」に入れるステップ。子どもが好きなもの、ふやしたいものを考えて、親が文字を書き入れました。

  3. 「絵のページ」づくり
    「ふえた」を絵にするステップ。はじめに何個あって、次に何個になるかを決めます。チューリップや、どら焼き、雪だるまが紙を埋め尽くしました。


最後に、出来上がった「みんなの本」を味わいました。本は読むのも楽しいけど作るのも楽しいということ、感じてもらえたかな?


ワークショップの詳しいレポートはこちらのページへ。

(吉野/記)

ことば×からだ☆おやこ絵本ワークショップ

イシス子ども編集学校による親子向け絵本ワークショップ。 絵本づくりワークや言葉遊び、手遊びを通して、ことばとからだをのびのび、いきいき、育てます。 ♪絵本の読み方が広がる 親子の会話が変わる♪

0コメント

  • 1000 / 1000